インドア派におすすめの趣味は、○○することだった!

      2018/03/13

こんにちは。ブログチャレンジャー・まだやるよです。

 

書いている内容に大きな進展こそありませんが、地道に前進あるのみ!

ブログとしての正しい形を意識しながら書いてみました。この記事は36記事目。

 

 

今回は、改めて自分はインドア派であったことを認識しながら、

ずぼらな私でも成立させられる範囲のおすすめ趣味についての記事です!!

 

■ 目次

 

1. インドア派におすすめの趣味は、「記録」をすることだった!

2. 記録することの効果

3. 他の趣味と両立できる

4. 記録に便利な3つの道具

5. 実際に筆者の例を見てみよう!

6. 結論

 

 

1. インドア派におすすめの趣味は、「記録」をすることだった!

 

十人十色

 

皆さんにとって、時間があるときに自然とやってしまうことは何でしょうか。暇なときに。無意識に。

スマホをいじることも、本を読むことも、お菓子を食べることも含めて…。

今回「趣味」についてブログを書いていますが、「この趣味がおすすめです!」って意外と難しいんですよね。

 

 

実は私なりに2カ月ほど迷子になっておりました。まぁギュッとしたら、向き合っていたのは数日になるかもしれませんが(苦笑

他サイト様もいくつか参考にした結果、ただただリストアップしていてもキリが無いことに気が付いたのです。

ある程度の共通となる文化や生活水準があって、そこから細分化していくわけですから、

そもそも人の数だけ趣味の数があるということだと思うんです!

だから、ポンと出されたおススメに素直に従えるケースの方が稀!

 

 

括り切れない

 

大袈裟に言えば、外国に住んでいる人の例まで含められますよね。

アメリカの大金持ちセレブの趣味や、バヌアツ共和国の素朴な少年の趣味を、私たちが想像するのは難しいってことです。

さらには、暇を持て余した神々の遊びだって。←

 

 

「趣味」の種類が数多くあるのだから、大まかなカテゴリ分けしかできないということですね。

そこには、アウトドアインドアか。

そして、アウトプットインプットか。

これぐらい大雑把に考えて大丈夫だと思います。

 

 

もちろん普段の生活において、誰もがどの場面にも遭遇するでしょうが、迫られてやることは一旦置いておきましょう。

さあ。「無趣味」であることに嘆いて生き甲斐を見出せなくなったのなら、

「普段やりがちなこと」は何であるかをはっきりさせましょう!

 

 

行動を見える化

 

つまり、4パターンのうちのどこに当てはまるかということですね。

買い物やドライブは際どいところですが、あなたがどこに重きを置くかで変わってくる部分です。

 

 アウトドア×アウトプット

スポーツ、釣り、登山、…

 

② アウトドア×インプット

旅行、観光、フィールドワーク、…

 

 インドア×アウトプット

料理、DIY、ブログ、ゲーム、…

 

④ インドア×インプット

映画、音楽、読書、…

 

冒頭で私はインドア派であることを認めましたが、外出が嫌いというわけではありません。

注目すべきは「暇な時に何をしているか?」という点です。

ついついやってしまう些細な行動について、メモでも何でも構わないので記録を残しましょう。

ここで差がつく備忘録!書かなきゃ2日で忘れます!

 

18/03/12(月)

 

・4日振りにいつものコースを走った。43分50秒だった。

・キン肉マンの単行本をまとめて貸してもらった。王位争奪戦の直後らしい。

・今日も1記事完成しなかった。2カ月振りに下書きは進んだので及第点。

 

例えばこんな感じです。

正直、書き方はやりやすいようにやるのが一番良いのですが、個人的にはノートに手書きが好みです。

 

 

新しいことに挑戦することってそれなりのエネルギーが必要なんですよね。

だからこそ現状を鑑みることが近道なんです!

 

 

実は、ブログが書けずに悶々としていた2カ月の間で、

「無趣味」と感じているのは本人だけなのではないか、と考えるようになりました。

日々の選択が「趣味」の域にまで達しない原因は、全てがやりっ放しになっているからだと思うのです。

 

 

老若男女、アルバイトから社長まで、1日は24時間です。

もっと自分の選択に自信を持ちましょう!あなたの普段の「それ」は立派な「趣味」になり得ます!

そして、記録を残して行動を振り返るには室内の方が環境が良いですもんね!

 

 

 

2. 記録することの効果

 

忘却曲線

 

まずはこちらをご覧ください。

ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスによる記憶力についての実験結果です。

 

20分後には、節約率が58%であった。

1時間後には、節約率が44%であった。

約9時間後には、節約率は36%であった。

1日後には、節約率が34%であった。

2日後には、節約率が28%であった。

6日後には、節約率が25%であった。

1ヶ月後には、節約率が21%であった。

wikipedia:忘却曲線より

 

私の解釈としては、「そもそも人間は忘れてなんぼ!」というところでしょうか(笑

朝ごはんを覚えていないのも正常。

楽しい旅行でさえ数か月後にはおぼろげな記憶となっているんですね。

まぁ、こちらに関しては感情が残っていることに意味があるような気もしますが。

 

 

人の記憶力には限界があるのだから、すっぽんぽんで臨んだなら、生き甲斐もクソもあったもんじゃないです!

ましてや、一つのことだけに夢中になっていては生きられない現代日本。

「生活に追われる」という言葉は好きではないですが、

その中で上手に躱しながら楽しみを見つけていくには、ゲームでいうところの「セーブ機能」が必須だと思いませんか。

 

 

温故知新

 

「趣味で人生を充実させたい」という話題なのに、仕事の話を持ち出すのもなんですが、

どんな取り組みでも「繰り返し挑戦すること」で上達するのは言うまでもないことですよね!

意味を調べた結果、先人たちの教訓めいたことだけに当てはまる言葉ではなくてホッとしました(笑

過去の自分の経験も、現在、未来の自分に役立てていきまっしょい!

 

前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見い出し自分のものとすること。

古いものをたずね求めて新しい事柄を知る意から。

「温」はたずね求める意。一説に、冷たいものをあたため直し味わう意とも。

「故きを温ねて新しきを知る」または「故きを温めて新しきを知る」と訓読する。

goo辞書:温故知新より

 

真面目に考えすぎないことも大切ですし、補足として…。

映画や漫画の新作を、ワクワクドキドキしながら鑑賞するためには、

ネタバレを避ける技術も必要ということ。

反対に、久々の新シリーズであれば前作までのおさらいをすることで一層楽しめるようになるということ。

 

メモに日付も絡めれば、振り返った際に当時の思い出とも重なって感慨深くなりますよ!

 

 

パーキンソンの法則

 

こちらは直接記憶に関する内容ではないのですが、

イギリスの歴史学者・政治学者シリル・ノースコート・パーキンソンが提唱した法則です。

 

「役人の数は、仕事の量とは無関係に増え続ける」というもの。

 

具体的には、

【第1法則】仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する
【第2法則】支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

 

の2つからなる。

wikipedia:パーキンソンの法則より

 

要は「区切りを設けないとお金も時間も浪費してしまう」ということです!

2日はかかる見込みの仕事があって、締め切りが1週間先だった場合には、結局完成は1週間後になってしまうこと。

同様に、お小遣いが増えたら増えた分だけ使い切ってしまうこと。

 

 

1回の区切り。日、週、月、年の区切りを設ける目的でも、メモは大活躍します。

振り返る際にもわかりやすくなりますしね。

そして繰り返しになりますが、真面目に考えすぎたらダメ(笑

 

 

ガチガチに固めることによって息苦しくなったら元も子もありませんから!

目安を把握することで、掛かる時間や金額を調節する「道具」として使うくらいがちょうどいいのです。

 

 

 

3. 他の趣味と両立できる

 

今回お勧めしているのは「記録をつけること」。

そのためには「対象となる行動」が必要なわけですが、例として3つ挙げたいと思います。

何となく時間をつぶすためにやっていた行動にメリハリを付けましょう!

 

 

例1.植物

 

趣味との向き合い方において、以前よりレベルアップした私が「もしも挑戦するなら」で書きます(笑

現在進行形では部屋に植物はおいてないので…。雰囲気だけ伝わればOK。

大学生の頃はレオパレスで、大根とニンジンの花を咲かせたい衝動に駆られていました!

 

18/03/13(火)

・調理後の残飯のニンジンの頭を、薄い皿に水を貼って窓辺に置いてみた。

・柄にも無くオシャレな趣味に手を出してしまった。

・お金をかけずとも、身近なところにネタは転がっているんだな。

18/04/25(水)

・芽が出てきて感動してる。

・もしかして部屋の空気が綺麗になるかもしれない。

・もしかして無限に育てられるかもしれない…!

18/05/31(木)

・茎が伸びてきて感動している。

・花が見たい。白くて紫陽花みたくなるらしい。

・もしかして、俺は妖狐・蔵馬か…?

 

 

例2.プラモデル

 

こちらも15年以上作ってないので雰囲気です。

コミックボンボンを読んでいたので、上手いガンプラは人を恍惚状態できると信じていました。

塗装は換気に気を付けましょう。

 

18/03/13(火)

・懐かしい武者ナタクを買ってしまった。

・素組みでガシガシ遊べて楽しい。この変形があるからお得。

・明日は墨入れしよう。100均の油性ペンでいいや。

18/03/14(水)

・なんだかんだでウェザリングに挑戦してみることにした。

・やられた感じでボロボロのカッコよさのために顔面と左腕を潰してみた。

・と、思ったら技術不足で台無し!廃棄する前に写真だけ撮らなくては…!

18/04/15(日)

・床に落ちていたナタクのパーツで右足から出血。

・悪く思わんでくれ。あの数日はめちゃめちゃ楽しかったんだ。

・そしてこのウェザリングマーカーこそ、もう出番が無いと思うのだが。

 

 

例3.観賞系

 

現状の生活で、主に部屋で過ごすときは観賞系が多いです。

大人になってからは時間の確保が難しくて、DVD返却も延滞してばかり。

それでも、何とか定期的に映画に触れていきたい気持ちはあるんです!

 

18/03/15(木)

・スターウォーズシリーズを見直すことにした。ファントム・メナスから。

・全部追いかけるとキリがないから映画シリーズだけ。

・まじか。ディズニーによる買収で、今までの公式にも正史でなくなったのもあるのか。

18/04/15(日)

・大河ドラマ的。1~6まで見終わった。

・昔臭いデザインも、映像技術の進化であり得そうと思わせられる。

・3が一番好き。もう10年以上経つのか。

18/05/15(火)

・追いついた。新作楽しみ!

・それが「らしさ」でもあるけど、殺陣がフワフワしすぎて気になる。

・ホントは海外のファンみたく一つの発表ごとに一喜一憂したい。

 

 

 

4. 記録に便利な3つの道具

 

ノートとボールペン

 

正直一番手軽です!

ネット上にアップするつもりならスマホの方が便利ですが、一部始終投稿して浮かれるほどもう若くないですし。←

自分が確認できればそれで問題ないと思います。

社会における立場等々、プライベートの顔だけではないですからね。

 

 

尚且つ、個人的には大学ノートを愛用しています。

「気にせず汚せる」こともある意味メリットだと思っています!

躊躇い無くグリグリ書けること。シャーペンとか定規とかはいりません。

 

 

後々見やすくするためにマーカーでの色分けはあった方が良いですね。

そして、ジャンル分けはせずに日付による時系列で管理しています。

点と点から線、線と線から面と、

新しい発想のためにもあえて雑記、メモとしての活用をしています。

 

 

スマホ

 

私の好みでアナログを推していますが、スマホがあれば何でもできてしまう時代ですからね。

パラパラと全体像を見直せる点ではノートの方が優れていますが、

スマホは一カ所に集められるという点で魅力的!どんなに使ってもかさばらない!

 

 

また、画像や動画を撮りたい場合に、普段使いにここまで浸透したものも無いでしょう。

本格的なカメラやビデオでなくても十分便利です。

自動的に日時も残るので「あの日何してたっけ?」が思い出しやすいです。

 

 

「3つの道具と唄っておいてありきたりじゃないか!」とか言われそうですが、

テキストや画像が増えてきたときに、その効果を体感できるはずです!

まずはお試し2週間!

(6日後には節約率が25%。1ヶ月後には節約率が21%…。)

 

 

 

チェキ

 

こちらも、アナログ派な私の好みです。単純に手軽だから。

ちゃんとしたアルバムに貼るでもなく、飾るわけでもなく、自分が楽しむため!!

実際に使ってみるとノートがさらに楽しくなりますよ。

 

 

より一層自分の人生と向き合えると思います。

 

 

 

 

5. 実際に筆者の例を見てみよう!

 

ノートを晒す

 

多分、見せても問題無いページを。多分。

しょうもない感想も一緒に書き込むと後で読んだときに楽しいです。

 

 

「可愛かった!」「エロかった!」「死ね!」

何でも本音で書いちゃいましょう。吐き出すことですっきりしますし、

自分の琴線はどこにあるのかも具体的に見えてきますよ。

 

 

1ページを縦に区切って使うと、一行が長くならなくて読みやすくなります。

色ペンで枠を取れば、一番詰め込める形だと思います。

 

 

再発見がある

 

何でもないところにアイディアが転がっていることって本当によくあります。

その日に思いつかなかった方法がひらめくとこも、

関係の無いと思っていた分野にヒントが隠されていたことも、

読み返してみるからたどり着けるんですよね!

 

 

難しい話題、苦手な話題は、文章の丸写しだけでも効果があると思います。

「どっかで聞いたことあるな…」が大切で、次回以降の臨み方が積極的になります!

そこで関連付けができれば、人との会話をパターンを増やすことにも役立つんですよね。

 

 

…改良の余地はあるな

 

さて。現在私はこのスタイルに落ち着いてはいますが、これがベストだとも思っていませんし、

また、ベストの形は人によって違うと思います。

それこそ、趣味と一緒で十人十色なんですよね。

 

 

いずれにしても、人は忘れることが当たり前であり、数日前の自分の行動すら忘れるんですから、

「好きなことが無い」、「趣味が無い」は、あなたが忘れているだけなんです。

所謂、「暇つぶし」の精度を高めていくことが、

ワクワクの始まりであり、

生き甲斐を見つけることに繋がるのだと思います。

 

 

形にとらわれ過ぎず、自分らしい記録の取り方を探してみて下さい!

 

 

 

6. 結論

 

いかがでしたか

 

私にとって、初めて人の役に立つためにと考えながら書いた記事でした。

「仕事ばかりで面白くない」

「何にも良いことが無い」

「趣味が無くて困った」

等々、同じ悩みを抱いている方に届いたら嬉しいです!

 

1. 普段の暇つぶしをメモしよう!それは立派な趣味だ!

 

2. 2週間は試してほしい!「ああ、そうだった」の体験が続ける秘訣!

 

3. 日付で区切ると、やりっ放しじゃなくなる!

 

 

飽きないことが大事

 

気軽にできるところから始めましょう。最初は一言からで十分です。

「鼻毛ごっそり抜いた」

「ハーゲンダッツ美味かった」

「タバコの煙で輪っかは作れない」

 

そこに最低限、日付をつけること。

きっかけはいつでも小さいものなのです。

 

 

「第○回」と振り返りにも役立ちそう

 

自分の行動にナンバリングするのも、人生を楽しむための一つの方法だと思います。

 

「2018年になって11本目の映画だ!」

「ポチの散歩でこのコースは5回目だ!」

「グッド評価をつけたyoutube動画が20本目だ!」

 

 

私にとって、このブログは36記事目のブログです!

本気で考えた1本目のブログです!

 

 - インドア, 信念