ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。

続けやすい型で日記ブログを書こう。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

こんにちは!いわきのブロガー・まだやるよです。

私のこのブログは「特化」でも「雑記」でもなく「日記」だと思っていたんですが、

改めて見直してみると、言うほど日記らしさが無いことに気が付きました。

現在、有料noteを売ることを目指しているので、読者目線を重視すべきはnoteかなと。

それならばブログの方は「もっと自由さがあってもよいのでは」と考えた次第です。

ということで今回は(も)、勢い重視の記事にお付き合いください!

■ 目次

1.考古資料館
2.日記ブログとは
3.習慣を書く
4.まとめ
5.最後に紹介しておきたいこと

1.考古資料館

今日は「いわき市考古資料館」に遊びに行きました。

施設紹介はリンクからどうぞ。

入場無料で写真もOKでした。嬉しい。

以前から建物を通過していたので存在は認識していたのですが、中々立ち寄ることが出来なかった場所です。

施設の主な展示は、土器や貝塚についてでした。

思えば昨年の11月のツイートでも縄文時代に興味を持っていながら、その後熱が冷めて、何一つ掘り下げることはありませんでした。

今回で一つ進めた気がします!

ただ、熱心に挑むと「もうやりたくない」となる質なので、今後も「少しずつ進める」ことを大事にしたいです。

やはり、多少なりとも興味を持って臨むと感動が違いますね。

さらに、展示もさることながら一番嬉しかったのは、無料冊子『みんなで学ぼう いわきの歴史』でした。

しっかり持ち帰ってみると、

小学生向けの解説(全57ページ)で、古代から平成までの年表と共にカラー写真がズラリと…!

日記と称した自由研究も捗りそうです。

【26日目】アイくるガールズの歴史散歩!初心者向け歴史解説はありがたい。

ということで、縄文時代を一つの手がかりにして、また日本史についても調べてみたいな、と思った一日でした。

こんな会話をしているものだから、先日の『世界ふしぎ発見!』は妻が録画してくれました。

あとで見ます。

2.日記ブログとは

「日記ブログ」なんてこんなもので構わないと思います。

「○○した、○○だった、○○しよう」。

noteと併用してみて感じたのは、一方にフォーマットを用意して書き進めるのなら、

もう一方は自由に書き殴るスタンスで構わないということです。

色んなブログ論があって、正解はブロガーの数だけあると言えるのかもしれませんね。

実はこの記事は、「勢い重視で、短時間で書き上げる」と意気込んでおきながら、既に36時間以上経過しています。

仕事に行ったり、子供を世話をしたり、寝たり…。

シンプルにやろうとしてでさえこのような結果ですから。

結局、続けられる方法を確立するだけですね。

繰り返します。

私のお勧めの日記形式は、

「○○した、○○だった、○○しよう」。です!

3.習慣を書く

さて。今回は「日記ブログ」の在り方について少々考えてみました。

詰まるところは、とにかく続けることです。

・継続第一のシンプルな型

こうなると、雑記との違いも明確にしておきたいところですね。

主観的ですが、

・日記:自分のことを扱う
・雑記:いろんなジャンルを扱う
・特化:専門的なジャンルを扱う

継続、習慣の方法については別記事およびnoteでもまとめるつもりです。

日記→雑記→特化という順番で難易度が高まっていると思うのですが、

【習慣系】は私を含めた、挫折組にうってつけの内容です!

その意味でも、自分の取り組みやネタを扱える日記ブログはピッタリです。

躓きながらここまで来ましたが、今なら自信を持ってお勧めできます。

日記ブロガーは「習慣」から書き始めることで、専門性を高めることができますよ。

4.まとめ

・続けられる自分の土俵に持ち込もう!

5.最後に紹介しておきたいこと

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 適当にやってみる3まだやるよの逆襲 , 2021 All Rights Reserved.