イメージカラーは黄色です

教科書ツイートをやってみた結果、身に付かなかったので2周目挑戦してみる。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!いわきのブロガー・まだやるよです。

ブログを始めて早3年。成長したような、していないような。少なくとも、初心者の域から脱することができていません。

人に教えるためにも、最低限のブログ用語は扱えるようになりたいですね。

■ 目次

1. 教科書ツイートとは
2. ツイートはアウトプットの最小単位
3. 1周で身に付くわけがない
4. まとめ
5. 最後に紹介しておきたいこと

1. 教科書ツイートとは

教科書ツイートとは、「本を1冊決めて、140文字ずつ要約を繰り返すこと」です。私の造語です。

あるツイートをしたときに、本人が理解しているか否かは相手にはわからないので、「自分の訓練の意味も込めて丸パクリでツイートしよう」という発想から生まれたものでした。ただ、理解していない発言をする際の注意点としては、情報の出どころは明確にしておくことですね。

以前に「専門性を少しずつ身に付けるために、要約文をツイートしよう!」という内容でブログ記事にもしました。

その際に一番大きく扱ったのがこちらの本なのですが、一通りツイートをやり終えて放置状態となっております。反省。

今回再びこの『Google AdSense マネタイズの教科書』を持ち出した理由は、「初心者向けの本が、易しくない!」と発言しようとしたところ、「…あれ?前にも同じことを嘆いていたぞ…。」と気が付いてしまったからです。

あちこち手を出すことも大切ですが、よく考えた結果、もう一度同じ本と向き合ってみることにしました。

2. ツイートはアウトプットの最小単位

実は、今回の記事は「教科書ツイート」の話ではなく「最近、哲学の本を読み始めました」という出発点でした。

新しい分野に飛び込もうとするときは、易しい本から入りたいですよね。前述のエクスナレッジの「解剖図鑑」シリーズは私好みでおススメの本です!

もちろんこれが正解とは言いませんが、個人的にはこれくらいイラストがあって、キーワードが明確になっている方が「その情報をもとにした次の検索」へと繋がりやすいです。

ちなみに、ラインナップはこちら。

・哲学
・日本の紋様
・ツボ
・日本の名作住宅の間取り
・日本の祭
・文房具
・世界の建築家
・国宝
・日本の神様
・小さな家の間取り
・歌舞伎
・神社
・メンズファッション
・仏像とお寺
・ローカル鉄道
・大相撲
・日本の戦争
・戦国武将
・日本の名城
・間取りの方程式
・名所・旧跡
・家づくり
・お店
・片づけ
・建築デザイン
・住宅・インテリア
・住まい

エクスナレッジ

1ツイートは140文字なので、サイズ的には最小単位として問題ないでしょう。(ノートで行動・計画を管理しているアナログ派としては、本当の「最小」はメモなんですけどね!)

となると、入門書くらいの方がツイートするにも扱いやすいというものです。

逆に、既に知っている知識において、小中学生向けの本ではどう解説しているのか?と眺めてみるもの以外に勉強になります。要約は突き詰めると「難しいことを簡単な言葉で言い換える」作業になるわけですからね。

短い言葉で要約する最大のメリットは、関連付けた次のツイートや、次の検索にも繋がりやすい点だと思います。

・次のリサーチに繋がりやすい「入門書での教科書ツイート」がおススメ。

3. 1周で身に付くわけがない

そもそも、1冊分ツイートをしたからといって、なぜその本は「完了した」と思ったんだ。あの日の私のアホ。

目標はブログの上達なのだから、そのための行動をしないといけませんよね。

前述の本とは別に、ワーク形式の本も好きです。「次のやるべきこと」に導いてくれるような本はありがたいです。悔しいですが、繰り返しやらないと自分の言葉、経験にはならないんですよね。

哲学の話題を出したついでに名言を1つご紹介。

・人は単に知っていることによって知慮ある人たるのではなくして、それを実践しうる人たることによってそうなのである。

アリストテレス『ニコマコス倫理学』

真似するだけで完成形まで辿り着くことができつつ、複数の例も挙げてくれるような参考書って理想的です!実際、ワードプレスでのブログの立ち上げは丸パクリです!

今回の教科書放置からの軌道修正のポイントは「知識だけでは意味がない」ということです。自分の軸にしようと選んだ本なのだから、軸になるまで手離すわけにはいきませんよね。

いつか私も稼げるようになって、「稼ぎ方教えます!」と言いたいものです。

ということで、今後の方針として、再び『Google AdSense マネタイズの教科書』をブログとTwitterで扱っていこうと思います。

・知識だけでは意味がないから、繰り返し話題に挙がって当然なのだ。

4. まとめ

・2周目いきます!今度はツイートだけじゃなく、ブログ記事でも。

5. 最後に紹介しておきたいこと

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 適当にやってみる3 まだやるよの逆襲 , 2019 All Rights Reserved.