イメージカラーは黄色です

ブログの本質が「誰かのために」ならば、過去の自分へのアドバイスを綴ろう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!いわきのブロガー・まだやるよです。

ブログは「誰かのためになる記事」が基本だそうです。私が日記形式に落ち着いているのは、他人に教えられるだけの専門分野がなくて困っていたからでした。「その程度のことは言われるまでもない」という反論の壁を自ら作ってしまう傾向があるのです。

継続のしやすさを考えて「日記」はこれからも推していくつもりですが、今回、その中でも「誰かのため」へのきっかけを見つけました!

過去の自分へアドバイスを送りましょう。

■ 目次

1. 現在の自分には「当然」がある
2. 10年間を吐き出そう
3. 一番アドバイスしたいこと
4. まとめ
5. 最後に紹介しておきたいこと

1.現在の自分には「当然」がある

ブログを書くにあたって、ペルソナを設定することが順当です。例えば「20代の健康志向の女性向け」とか「40代のギャンブル好きの男性向け」とかですね。私の場合は「30代のブログを挑戦したい男性向け」と設定しました。(更新しなさ過ぎて、機能していませんが…。)

さらに、ペルソナはより具体的に設定することが主流となっているようです。再び私のブログの例を挙げるとこんな感じ。

【1】名前:まだやるよ
【2】年齢:30歳
【3】性別:男
【4】住所:福島県
【5】職業:会社員
【6】家族構成:独身(会社で部屋を借りてくれているため、他の社員2人とルームシェア状態)
【7】年収:390万円
【8】どんなライフスタイルか:飲食業の会社に勤めているため、昼夜逆転で土日も出勤。1食はまかない、1食はコンビニ弁当の日々。
【9】どんな考え方の傾向があるか(性格):承認欲求が強いのに引っ込み思案。会社での昇進が見込めないため副業を考えている。
【10】どんな行動の傾向があるか:焦りやすくネガティブ。他人に強くものを言えない。計画を立てて行動するのが苦手。
【11】どんなストレス&悩みを抱えているか:入社8年目。会社ありきの生活リズムに疑問を抱く。自分の人生を取り戻したい。

これを踏まえてのブログのコンセプトがこちら。

私は、
・無趣味とお困りの、
・30代男性に対して、
・ブログを通して、
お困りごとの解決をお手伝いすることができます!

本題に戻りますと、2、3年前の私の感覚はそれなりに現在と重なる部分が大きいのです。そこまでは同じ経験をしてきていますからね。

例えば、お金はどの程度まで使えるのか。同様に、時間は?体力は?それぞれの限界や、どうしたら自分の最大値を伸ばせるか、などを考えてアドバイスの記事を書こうと思っても、前提となる部分が多くて、結局、文章が進まなくなってしまいます。

・想像しやすいのが自分自身。しかし、近すぎて省略してしまう部分がある。

2.10年間を吐き出そう

ということで、現在の自分の「主な基準を持つ前」の10年前の自分へのアドバイス記事はどうでしょうか!新入社員と入社10年目の先輩とでは、多くの異なる視点を教えられますよね。

思えば、仕事以外何もしてこなかった…。かと言って、仕事で活躍できたわけでもなかった…。伝えたいことは山ほどあります。

重複しますが、他の誰でもない「自分へ」の言葉だから気を遣う必用がないことが最も大切です。

これもブログを書く上ではよく言われる言葉なのですが、「大衆に向けるのではなく、誰か1人に向けた文章を書け」というものがあります。無難な言葉を並べるよりは、ペルソナとして「20代健康志向の女性向け」に書いた記事の方が、結果的に「40代ギャンブル好きの男性」にも届く場合が多いということです。

個人的な解釈としては、誰にも読まれないよりは1、2人に刺さった言葉の方が、次の3、4人目に繋がる、その積み重ねである。といったところでしょうか。

・10年前の自分なら、背景も具体的、相手のための発言にもなる。最適。

3.一番アドバイスしたいこと

いろいろ考えると、10年前のビジョンを上手に達成できていないことに気づきます。会社での一定の肩書を得てからがスタートラインと思い込んでいた面が強かったからです。

自ら進められることもある。馬鹿にする声に気を病む必要もない。

今、10年前の自分に1つだけアドバイスするなら100%「ブログを書くこと」です。文字で意思表示を続けることで、凹んでも立ち直れます!

組織が、与えられた条件の中で戦うように言うのは当たり前なんでよね。こちらもそれを理解しているから、通常業務に関して周囲より劣っていた分、開き直ることができなかったし、プライベートも無いような生活をするべきと言い聞かせてきました。

また、思い描いているビジョンを捨てる必要はなくて、それでも、今の仕事の延長線上にあるとは限らないことも知っておいてほしいですね。

やりたいことは自分で進める。仕事とは分けて考える。

全部・全員は相手にしていられない。やりたいことに割く時間を確保しよう!

・社内からの教えは1つの視点でしかない。

4.まとめ

・10年前の自分をペルソナにする。
・自分に届けたい言葉にすると、下手な営業にならない。

5.最後に紹介しておきたいこと

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】攻略本 ロックマン10年史大事典【中古】afb
価格:1880円(税込、送料別) (2019/9/24時点)

 

楽天で購入

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 適当にやってみる3 まだやるよの逆襲 , 2019 All Rights Reserved.