ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。

【7日目】鬼滅の刃第11巻感想。鬼の過去エピソードが悲しい!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

こんにちは!いわきのブロガー・まだやるよです。

今回もサクサク書き上げたいと思います。

前回の記事はこちら。

【6日目】いわきの防風林。起源は戦国武将!

■ 目次

1.悲しい過去
2.三人で共闘
3.突然の譜面
4.まとめ
5.最後に紹介しておきたいこと

1.悲しい過去

ここまで読んだ限りお約束となっているようですが、毎回、鬼を倒した後の「人間時代の最期」の様子がズシリときます。

これまでの鬼もそうでしたが、今回の堕姫・妓夫太郎兄妹の過去も非常に悲しい。

そして、堕姫・妓夫太郎兄妹で特筆すべきは「絆」についてでしょう。

周囲の人間には恨みを抱えながも、兄妹同士は信頼し合っていました。

【4日目】鬼滅の刃第10巻感想。禰豆子VS堕姫の妹対決!

炭治郎達に敗れ、消滅する直前はいがみ合ってしまうのですが、

「自分とはもう関わるべきではない」とし、妹に明るい道を歩ませようとする妓夫太郎と、

負けを認めたくなくて強がったことを反省し、「何回生まれ変わっても一緒にいる」としがみ付く堕姫。

鬼が元々は人間であることと、輪廻の設定を上手に見せていますよね!

悲しいかな、おおよそのネタバレの想像がついてしまいました。

(検索は計画的に!)

また、堕姫は途中からのギャン泣きで、キャラがブレた印象もあったのですが、

兄の前でだけは本音を出せるというのは実にいじらしいですね。

2.三人で共闘

妓夫太郎が登場したことで堕姫の恐ろしさは緩和するのですが、

それでも、炭治郎達では敵わない存在として立ちはだかりました。

宇随の活躍で幕を閉じるかに思われた遊郭編。最後に共闘する形で炭治郎、善逸、伊之助の出番が再び回ってきました!

熱いの大好きです!

このようなコンビネーション攻撃であれば、残る上弦の鬼との戦いでも活躍しそうですね。

線の少ないコマではありますが、同時に叫んで首をはねるシーンは見どころです。

「アアアアアア!!」

「アアアアアア!!」

「ガア ア” ア”ア ア” ア”」

『鬼滅の刃』第11巻より

結果的に、止めを刺したのは3人です。成長が著しいです。

余談ですが、腕相撲のランキングは11巻で紹介されていました。

炭治郎は蛇柱と霞柱の間くらいの腕力という設定のようですが、

「実践は腕力ではない」というしのぶの発言もあるので、戦闘力以外が物を言う戦いがあっても面白そうだなと思いました。

 

3.突然の譜面

欲を言えば、宇随の「譜面」を丁寧に見たかったです。

順序よく勝ち筋を見出す描写があれば、さらに読者を唸らせることが出来たでしょう。

『鬼滅の刃』という作品自体、戦闘中の心の声の書き方が上手いので、

布石の設置、回収も描ける人だと思うのです。(上から目線になって申し訳ありません…!)

「譜面」というキーワードに詰将棋のような展開を想像していたので、この点では残念でした。

この戦いで、宇随は片目と片腕を失ってしまい、引退するとの発言がありました。

この先に、指揮、援護役での活躍も期待できそうですね!

4.まとめ

・鬼の過去エピソードに泣かされる。今回は上弦の陸なので、あと5回は泣かせどころがありそう。

5.最後に紹介しておきたいこと

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鬼滅の刃 11【電子書籍】[ 吾峠呼世晴 ]
価格:418円 (2021/2/3時点)

 

楽天で購入

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中厚鎌 7寸(土佐型)青鋼
価格:6618円(税込、送料別) (2021/2/3時点)

 

楽天で購入

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 適当にやってみる3まだやるよの逆襲 , 2021 All Rights Reserved.