ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。

鬼滅の刃9巻感想!遊郭潜入で花魁と対決。宇髄の妻を救出せよ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

こんにちは!いわきのブロガー・まだやるよです。

今回も引き続き、『鬼滅の刃』の感想を書いていきましょう。第9巻です!

前回の記事はこちら。

鬼滅の刃8巻感想!勝利の定義は人それぞれ。双方勝利の無限列車編完結!

■ 目次

1.山の王の直感が冴える
2.核心に迫ると消される
3.ヒノカミ神楽で善戦
4.まとめ
5.最後に紹介しておきたいこと

1.山の王の直感が冴える

まず、私の好きなキャラクターは伊之助です。(過去記事もよろしくお願いします。)

第9巻でもしっかり笑いのつかみになっていました!

俺は山の王だ

よろしくな 祭りの神

『鬼滅の刃』9巻より

遊郭に潜入捜査を行っていた、宇髄天元の3人の妻(くノ一)からの定期連絡が途絶えました。

宇髄、炭治郎、善逸、伊之助の4人は、彼女らを助けるために出発します。

宇随はこんな人です。

・宇髄天元(音柱)
→「派手好き・自己陶酔」型

宇髄は経緯の説明をする際に、自身のことを「神だ」と語ります。

思考性は伊之助に近いようで、「派手を司る、祭の神」に対する伊之助の返事が、「山の王」というわけです!

言うまでもなく“自称”というわけですね。

それでいて、伊之助の反応を「キモイ」と否定する宇髄。笑えます。

(その他の言動は常識人であるようにも見受けられますが…。)

炭治郎と伊之助の、噛み合わない感じにも笑えましたが、

宇髄と伊之助の組み合わせも中々面白いです。同族嫌悪であることに、本人は気付かないものですね。

2.核心に迫ると消される

今回の鬼は十二鬼月の「上弦の陸・堕姫」です。

実力的には、十二鬼月の中で6番目、無惨も含めて作中で7番目に強いということになりそうです。

そして、歴代の柱7人を殺しているほどの実力者!

そういうことはね

気づいた所で 黙っておくのが

“賢い生き方”と いうものなんだよ

『鬼滅の刃』9巻より

堕姫の正体に勘付いた女将さんは既に殺され、

潜入捜査中だった宇随の妻・雛鶴も監視下に置かれ身動きが取れずにいました。

他にも多くの女性が、怪我、足抜け(借金が返せず逃げ出すこと)、自殺に追い込まれてしまう惨状だったのです。

普段は遊女になりすまして身を隠す堕姫にとって、遊郭は人間がいなくなっても騒ぎになりにくい絶好の場所でした。

ここまでの構図はこんな感じです。

・炭治郎VS.堕姫

・伊之助VS.帯(堕姫の手下)
・善逸:伊之助の援護(気絶中)
・まきを(宇髄妻)、須磨(宇髄妻):伊之助の援護

・雛鶴(宇髄妻):離脱中

 

伊之助のもとに宇髄が駆けつけたシーンで9巻終了です!

色々解決するのは10巻以降のお楽しみ、ということろでしょう。

【泣き】も、【粋】も、【燃え】も無くて少々残念でした。

3.ヒノカミ神楽で善戦

炭治郎VS.堕姫。

戦いの中で炭治郎は、自分が水の呼吸に適した体ではないことを気に掛けます。

連発ができる「水の呼吸」と、一撃の威力が大きい「ヒノカミ神楽」。

煉獄さんの死から4か月、ヒノカミ神楽の修行もしたことで炭治郎は食らいついていきます。

戦えてる 上弦の鬼と……

“ヒノカミ神楽”なら通用するんだ いや

通用するだけじゃ駄目だ!!

勝つんだ 自分の持てる力全てを使って必ず勝つ

守るために 命を守るために

二度と理不尽に奪わせない もう二度と

誰も 俺たちと同じ悲しい思いをさせない

『鬼滅の刃』9巻より

前述の通りですが、決着は次巻以降に。

堕姫のドラマがあるわけでもなく、淡々とした印象に終わってしまいました。

「遊郭編」という意味では前編にあたるということでしょう。

話の展開としても、感動シーンが無くて少々物足りなかったです。煉獄さんが守り抜いた8巻と比べると…。

堕鬼もまきを・雛鶴・須磨も、素敵なスタイルをしているが故に、9巻はお色気パートという位置づけにしておきましょう。

このあとに、ドラマとしてもまた盛り上がって欲しいものです!

4.まとめ

・花魁として潜む上弦の月「堕姫」と対決!
・感動シーンが無いから、お色気パートに落ち着く。

5.最後に紹介しておきたいこと

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 適当にやってみる3まだやるよの逆襲 , 2020 All Rights Reserved.