ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。

【2日目】磐城平城藩主、安藤信正。掘り下げは後に譲ろう。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

こんにちは!いわきのブロガー・まだやるよです。

今日もサクサクと書き上げたいと思います。

前回の記事はこちら。

【1日目】なるべく毎日ブログ更新します。なるべく放り出しません。

■ 目次

1.安藤信正
2.日本史レベル
3.ネタの重複はOK
4.まとめ
5.最後に紹介しておきたいこと

1.安藤信正

取り扱う話題としては、正直何でも良いかと思いましたが、

せっかく「いわきのブロガー」を名乗っているのだから、関連付けた方が次回以降にも繋げやすいと判断しました。

今日は「安藤信正」についてです!

安藤信正(あんどうのぶまさ)は、江戸時代後期の大名。

陸奥国磐城平藩5代藩主。官位は従四位下・侍従、長門守、対馬守。

対馬守系安藤家10代。

幕末に若年寄、次いで老中を務めた。

Wikipedia「安藤信正」2021/01/28/21:22より

まあ、詳しいことは私も知りません。

2019年にいわき総合図書館にて展示がありました。資料をもらっていたので引っ張り出してきました。

深掘りしても覚えられないので、ブログでは段階を追って扱っていきたいです。

今回はこんな感じでしょうか。

■安藤信正(1819-1871)

・磐城平藩の主
・井伊直弼の死後(桜田門外の変)、江戸幕府の屋台骨を担う
・戊辰戦争で磐城平城落城、明治4年死去

理由3つの箇条書きは、概要を知る上でも便利ですね。

これもまた、ブログに取り組む上で身に付けた方法です!

結論、理由3つ、結論の型を日記向けに変えた!項目を明確にして扱いやすくする!

書き写すだけにならないように、自分の言葉も入れていきたいですね。

2.日本史レベル

恥ずかしながら、これまで私の日本史の知識はペラペラでした…!

学校で習ったものは何も残っておりません。

そんな私が日本史に興味を持つきっかけとなったのは、大河ドラマ好きの妻の影響です。

つまり、ここ3年で大きく知見を広げることが出来ました。

・『おーい!竜馬』(1986)漫画
・『真田丸』(2016)ドラマ
・『花の乱』(1994)ドラマ
・『麒麟がくる』(2020)ドラマ
・『忠臣蔵』(2004)ドラマ
・『壬生義士伝』(2000)小説
・『室町無頼』(2016)小説

幾分か日本史耐性をつけられたことで、

安藤信正について調べることも、小さな負担で済むのではないかと思っております。

こうやって、興味の幅を広げていくのは楽しいですね!

指定された内容で「高得点を取ること」、「評価されること」も大切ですが、

学校、組織が求める内容とは違う、「他人に点数をつけられないこと」も大切にしていきたいです。

日本史好きになるのに最適。笑い、涙、エロ、アクション満載、おーい!竜馬

この点と点が結びつく快感を、更に広げていきたいです。

さらに、文系・理系の壁が取り払うことが出来たとき、私は益々ブログを楽しんで更新することになるでしょう!

3.ネタの重複はOK

仕事の関係で、いわきに引っ越してきて早5年。

いわきで結婚もして、縁のある地となりました。

今後も安藤信正についてはアンテナを張っていきたいです。

「博識」や「教養」という言葉は、「情報収集の基準が多いかどうか」ではないかと考えております。

複数の書籍や映像作品を観ることによって、これまで「ざる状態」だった【日本史】というジャンルが目に飛び込むようになってきました。

今後とも活かしていきたいです。

さて。

冒頭でしか触れていないものの、と「ネタの重複はしても構わない」と自分ルールを設定しているので、逃げ道の確保はできています。

街を歩く中で所縁のあるものの写真を撮ることも楽しみです。

とりあえず、しばらくは「毎日更新」を目標に掲げているので、簡単にでも書き上げることが先決。

本日はこの辺で。

4.まとめ

・歴史耐性をつけてきたので、いよいよ自分の土俵にあがる。(つづく)

5.最後に紹介しておきたいこと

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地図でスッと頭に入る幕末・維新
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/1/29時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 適当にやってみる3まだやるよの逆襲 , 2021 All Rights Reserved.