ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。

【28日目】メルカリ失敗談。購入ボタンは早押しとしよう。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

こんにちは!いわきのブロガー・まだやるよです。

節約のために、おにぎりを握ってます。

前回の記事はこちら。

【メモの魔力】自己分析1000問、その7。自分の歩幅を受け入れたら、メンタル持ち直せるよ。

■ 目次

1.練習期間
2.値引き交渉
3.早押しボタン
4.まとめ
5.最後に紹介しておきたいこと

1.練習期間

メルカリ、細々と運用中です!

現在は主に、読み終わった本を出品しております。

【11日目】メルカリ運用、初収益188円!

練習の意味を込めて、低い価格設定をしておりましたが、

理想としては大きく収益を上げたいと考えているので、機会を窺っているところです。

・不用品の処分のため
ではなく、
・価値を感じてもらえる相手に届けるため

にシフトしていきたいですね!

さて、今回はメルカリ運用をする中で、私が犯してしまった失敗談をご紹介します。

結論から申し上げますと、

・送る取引相手様を間違えてしまった話です。

2.値引き交渉

事の経緯はこんな感じです。

私の出品した1冊の本について、Aさんから値引き交渉を受けました。

前述の通り、練習になれば十分と考えており、金額にはこだわっていなかったので値引きに応じました。

価格を下げて、再出品をします。

直後に購入の通知が来たため、お礼のメッセージを送りつつ、コンビニより発送。

しかし、発送の完了報告を送ったときに、自分のミスに気が付いてしまいました。

・実は、値下げした時点で購入ボタンを押したのはBさんだったのです…!

つい先程まで、メッセージのやり取りをしていて、タイミングが良すぎた余り、

Bさんの登場に気が付かないまま発送の手続きを進めていたのです。

2つの焦りで頭がいっぱいになりました。

・早急にキャンセル処理をしなければ。
・Aさんに申し訳ない。

幸いコンビニでは集荷前だったので、商品の回収は間に合いました。

次に、Aさんに間違いを正直に話し、時間の猶予をもらい、

そして、Bさんに事情を説明し、キャンセルを了解して頂く交渉と、謝罪のメッセージを送りました。

この間2日間。

最終的には、Aさんは早く欲しかったため、他の方から購入をするとのこと。

この時、私は既に気疲れが勝っており、もうこの商品の再出品を諦めてしまいました。

3.早押しボタン

全てが終わった今、冷静に考えてみると、

Bさんに送った方が正しかったのではないか、とも思えるのです。

当初は、メッセージのやり取りがあっただけにAさんの方が親近感が大きく、何とか誠実な対応をしたかった。

しかし、「市場」としてはBさんがスピードで勝ったことは紛れもない事実です。

出品者側に、誰が買うかについての決定ボタンがあるわけでもありませんしね。

つまり、今回の私の本当の間違いは、

・購入者を覆して、他者に商品を譲ろうとしたこと

なのかもしれません。

今回、私の目には2人の人物しか映りませんでしたが、

例えば、他に98人が同じ商品を狙っていた場合に、

たまたま値下げ交渉をした1人が、他の99人と比べて優勢かどうかは疑問ですからね!

やるべき対応は、Aさんに対して「既に売れてしまいました」という謝罪だったような気がします。

また、メルカリの仕様として、誰かが購入した時点で、他の誰かはコメントできないようになっています。

言い換えれば、クレームの出しようもない。

(※間違いに気付いた際にAさんへの連絡は、場違いをお詫びしつつAさん出品の別商品の欄でやりとりしました。)

少なくとも、取引する上での自分なりのルールを設けることをお勧めします。

私の場合は、

・キャンセル処理が手間
・線引きが明確

という理由から、「購入ボタンを押した人」とするつもりです。

値下げに気が付いた早い者勝ちです。

まあ、何を重視するかは各々の考えによる所ですので、義理を重んじる方はご自身の信念に従ってください。

ということで、失敗しながら学んでいきましょう!

4.まとめ

・【購入ボタン】を押した相手を優先させる。

5.最後に紹介しておきたいこと

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メルカリ完全マニュアル [ 小山田紘子 ]
価格:1518円(税込、送料無料) (2021/4/16時点)

 

楽天で購入

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 適当にやってみる3まだやるよの逆襲 , 2021 All Rights Reserved.