ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。

サンシャインマラソンまであと少し!大会に向けて買った中敷きはイマイチ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

こんにちは!いわきのブロガー・まだやるよです。

いよいよ、第11回いわきサンシャインマラソンまで3週間を切りましたね!(2020年2月23日9:00スタート)

昨年は雪により中止となり悔しい思いをしました。しかし、性懲りもなく今年もエントリーしました。一般の部・30~39歳の部に出場します。

目標は完走です!

■ 目次

1. 現状
2. 新規アイテム
3. Runkeeper
4.まとめ
5.最後に紹介しておきたいこと

1. 現状

まずは、自分の現状を確認したいと思います。

・フルマラソン完走:練習で1度だけ
・記録:約5時間
・最近の練習:17㎞、約1時間30分
・練習頻度:2日に1回走ろうと思いながら月に3回
・練習コース:小名浜近辺

この練習量ではボロボロになりそうです。後半泣きながら走っているかもしれませんね。←

練習で走った、一度きりのフルマラソンは2019年の1月のことです。

実は、中止になった昨年の大会では天候以外にも障害がありました。職場の人員不足で大会当日に出勤になっていたのです。

つまり、天候以前に欠場という現実があったため、残念に思いながらも、せめて人に話せるエピソードにしたくて、本番と同じコースを走ってみることにしたのでした!そして、「大会リタイア」となる制限時間6時間以内に無事走り終えることができたので、この日を境にしばらくジョギングをお休みすることにしたのです。

ジョギングを再開したのは2019年の9月からです。これが月3回程度の17㎞です。しかし、よく考えてみれば「42.195㎞を走ること」が本来の練習であるはずですよね。

恥ずかしながら開き直ります。正直なところ、お祭り気分で臨んでいます…!

アスリートのためだけのイベントじゃない、と敷居の高さを下げる役目を果たせたら(そういうことにして頂けたら)幸いです。

因みに、今回初めて知った情報なのですが賞金もあるようです!

1.日本新記録達成者へ1億円

2.大会新記録達成者
【男子】
100万円 2時間09分59秒以内
50万円 2時間10分~2時間14分59秒
30万円 2時間15分~2時間19分59秒
10万円 2時間20分以上
【女子】
100万円 2時間24分59秒以内
50万円 2時間25分~2時間34分59秒
30万円 2時間35分~2時間44分59秒
10万円 2時間45分以上

知らなかったです。1億円ってすごいですね!(関係なし)

私は自分のために走っています。それは「自己新記録」とか「健康のため」のような意識の高いものではありません。

「フルマラソン完走」の肩書きが欲しいだけ。

今後、ブログでも随時触れていく予定ですが「人生でやりたいこと100」のリストの中にフルマラソンもあるのです。

つまり、走ることが得意ではない30代が、参加費7500円を支払って、満身創痍になりながらもフルマラソンに参加するのは「自分の挑戦」だからです。

仕事と切り離すことがポイント。結果に口出ししてくる相手がいません。(違う土俵なので、言われても気になりません。)

皆さん、それぞれの挑戦、目標があると思います。楽しんでいきましょう!

2. 新規アイテム

昨年から変わった点について、シューズの中敷きを購入しました。

■ シダス(SIDAS)衝撃吸インソールラン3Dプロテクト(RUN PROTECT)

※ゼビオにて5500円で購入

パッケージによると、指の付け根部分で推進力、踵部分で衝撃吸収、側面部分で全身のバランスをサポートする仕組みです。

一歩一歩に最高の快適性とプロテクションを求めるランナーへデザインされた3Dインソールです!ヒール部分のジェルが衝撃を緩和し、足先のパッドが足を前に出しやすくします。解剖学を取り入れた補強パーツが安定性とステップをコントロールし、安心してランニングを楽しめます。

パッケージより

店頭にはいくつか種類がありましたが、踵のジェルが決め手でこちらを選びました。半透明に魅かれる単純な男です。

1.補強パーツが足を正しく支え、ストライドをコントロールします。

2.反発力と衝撃吸収の相反する機能を持った特殊なフォームパッドを使用。

3.大きなジェルが地面からの衝撃を吸収。

4.前足部の穴が通気性を確保。

パッケージより

しかし!

買ってきて、家で広げるところまではものすごくワクワクしていたんですけどね。実は今のところ恩恵を感じられずにいます。

こちらは元々シューズに入っている中敷きなのですが、こちらの方が断然柔らかいのです。クッション性も高いです。

もしかすると、長距離のランニングにおいては部分的に「硬さ」が必要なのかもしれません。

反省すべき点として、もっと早くに手に入れて、どちらの中敷きの方が自分に合っているのかを検証するべきでした。感情としては、せっかく買ったので硬さも含めてランニングに特化した形状であってほしい。

それでも今、一つだけ言えることは、私はサンシャインマラソン前には42.195㎞を走るつもりはゼロであるということだけです。17㎞の中で判断をしないと、当日の完走にも響きかねないと考えています…!

3. Runkeeper

もう一点、最近になって活用し始めたスマホアプリがあります。アシックスの「Runkeeper」というものです。GPSまたは手動でランニングやその他のアクティビティを記録、走行距離や消費カロリーなどの基本的な統計情報を確認できます。

今までは距離を気にせずに走っていました。自宅から三崎公園を通って自宅まで戻ってくるコースです。タイムは記録してあるので、「1時間半のコース」として自分のメニューとしていました。

アプリのGPSを活用することで、この「1時間半のコース」が「17㎞のコース」とわかったわけです。

また、総距離だけでなく1マイルごとに現在地、スプリットのカウントや、標高、1分あたり歩数などを確認できます。

難点としては、個人的に走る際にはスマホでさえ邪魔に感じてしまうので、毎回は持ち歩きたくはないことでしょうか。ライトユーザーなので無料部分で十分役に立ちます。是非参照してみて下さい。

単純計算では、17㎞を1.5時間で走るということは、42.195㎞だと3時間43分になるわけです。後半に足がボロボロで動かなくなることは、身に染みているのですが、サボりがちだったとは言え、成長している部分もあるのかもしれませんね。

ということで、例によって「過去の自分へのアドバイス」はこちらです。

・装備品の交換は余裕をもって行う。
・走った距離はスマホアプリのGPS機能で確認できる。

4.まとめ

・参加される方、お互い頑張りましょう!目標は人それぞれで問題無しです。
・スタッフ、ボランティアの方、ありがとうございます!よろしくお願いします!

5.最後に紹介しておきたいこと

アシックスアプリ:Runkeeper

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 適当にやってみる3まだやるよの逆襲 , 2020 All Rights Reserved.