ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。

ネットに写真をアップする時に、気を付けていること

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

こんにちは!いわきのブロガー・まだやるよです。

4月11日現在、サーバー代をまだ払っていませんでした。

一応、まだブログは生きているようなので、近いうちに払いに行きます…!

さて。いわき市では今正に桜が満開です。

ブロガーを名乗っていながら、最近は特にTwitterばかりいじっている私ですが、

桜の写真をアップすると、やはりフォロワーさんの反応が良くて嬉しくなりました。

この勢いで、「手短にブログを書き上げてしまおう」という魂胆です。

今回は、私が【ネットに写真をアップする時に、気を付けていること】をご紹介します。

■ 目次

1.自分以外は映さない
2.リアルタイムでは更新しない
3.生活圏は公開した方が楽
4.まとめ
5.最後に紹介しておきたいこと

1.自分以外は映さない

言わずもがなでしょうか。

自らの意志・責任で、自分だけが顔出ししてSNSやブログを運営しているので、

背景の他人はもちろん、家族さえも顔がわからないように配慮しています。

そもそも、私自身が写真を避けていた過去があったんですよね。

個人情報意識だけが無駄に高かった…。

知人のアカウントから、知人のアカウントへとリンクしていくことで、

良くも悪くも、思いがけない画像に辿り着いてしまう可能性があるんですよね。

ある時期以降、大人として正しくネットと付き合うべきと考えて、「自分だけ顔出し可」という結論に至りました。

・弁明できる範囲だから

・数年、数十年後に相手(子供)が困る可能性があるから

・二次的な流用の恐れがあるから(加工を含む)

その意味では、日常生活から倫理的な言動に気を付けています。

ネット上で綺麗ごとばかり言って、裏で悪いことをしていたら、顔出しで発信活動なんてとんでもありません。

逆に言うと、「演者として割り切れない程度のメンタルしか持ち合わせていない」ことは幸運と呼べるでしょう。

余計なトラブルに巻き込まれないためにも、線引きは「自分のみ」にすることをおススメします。

2.リアルタイムでは更新しない

前述の通り、私の身元がバレることに対しては受け入れています。

仮に、外出先で「いわきのブロガー・まだやるよさんですよね!」って言われたら嬉しいです。

そんなこと1回もありませんけどね(苦笑

しかし、存在が公になることと、現在進行形が公になることは、訳が違います。

つまり、撮った写真は数時間~数週間を置いて更新します。

・同席者への配慮(例えば、素性を隠してSNS運用している方もいる)

・行動が筒抜けで危険(現在地を公開している)

・行動が筒抜けで面倒(スケジュールを公開している)

「あえて明かさなくてもいいこと」は一定数あるものでしょう。

例えば、

同僚が仕事している中に、遊び惚けている様子が読み取れたり、

金銭的な理由で断ったはずの予定の先方に、遠出した様子が読み取れたり、

なんてことも起こらないわけではありません。

一方で、嘘をつき続けるとどこかでボロが出てしまうという現実もありますので、

ここはタイミングをずらしながら「事後報告、あるいは、日付をぼやかす」作戦が無難だと思います。

3.生活圏は公開した方が楽

 

プライバシーの問題はどこまでもついて回りますが、気にし過ぎると、結局何一つ発信できなくなります。

人間誰しも、この世界に物理的に存在しているのですから、必然的に住所があります。

殊、「日記ブログ」として運用するのであれば、身近な話題を伏せるのは非常に惜しいことです。

大雑把にどんな地域で生活しているかを自ら触れておいた方が、窮屈な思いをせずに済むのではないでしょうか。

・地域の特色がでるイベントは扱えない

・背景や画角に制限がついてしまう

・コメント返しにも制限がついてしまう

私の場合は「いわきのブロガー」というように、市町村まで明らかとしていますが、

多くの方にとっては、都道府県までは明かしても良いのではないかと思っています。

やはり「日本在住」だけでは、親近感を抱くまでに距離が開きすぎているのかな、と。

この背景、この施設、この神社…、これを写真に撮ったら身バレしてしまう…!

なんて怯えて暮らすくらいなら、

プリントアウトして、自分自身で写真を楽しんだ方が没頭できるかもしれませんね。

ただ、個人的にはより多くの方にSNSでの写真を楽しんで欲しいので、

自分の【可能な範囲で】生活圏を明言した方が良いと思っています。

あ、逆に言うと、自宅周辺と職場周辺は一切触れない方がベターだと思います!!

4.まとめ

・ネットに写真をアップするなら、①自分だけを、②公開のタイミングを遅らせて、③生活圏を軽く紹介しよう。

5.最後に紹介しておきたいこと

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カメラ1年生 iPhoneスマホ写真編 たのしいカメラ学校の教科書 [ 矢島直美 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/4/11時点)

 

楽天で購入

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「いいね!」を増やすスマホ写真の撮影レシピ [ Locus.and Wonders. ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2022/4/11時点)

 

楽天で購入

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ブログで収入を得たいと考えている会社員。ここからが本番だ。 【好き】エナジードリンク、ノートにメモすること、人に認められること、ワダツミセブン 【嫌い】長時間労働、高圧的な人、難しいこと

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 適当にやってみる3まだやるよの逆襲 , 2022 All Rights Reserved.